「SEOなんて大嫌いだ!」といわれないために、日々努力するサイト

2021年Googleアルゴリズム更新履歴

2021年コアアルゴリズム更新リスト

2021年4月8日 product reviews update プロダクト レビュー アップデート

商品レビューに関するアルゴリズム改善。日本は未実装。独自の見解や分析のコメントも必要。メーカーの説明文をそのまま使っているようなコンテンツを下げる目的。
https://developers.google.com/search/blog/2021/04/product-reviews-update

以下の観点でコンテンツを見直す。

・必要に応じて、商品に関する専門知識を伝えているか。
・メーカーが提供する情報以外の独自のコンテンツで、商品の見た目や使い方を紹介しているか。
・商品に求められる各種の性能がどの程度達成されているかについて、定量的測定を提供しているか。
・競合商品との差別化要因について説明しているか。
・比較対象となる商品を示しているか。または、特定の用途や状況にどの商品が最適か説明しているか。
・調査に基づいて、特定の商品のメリットやデメリットについて述べているか。
・以前のモデルやリリースから商品がどのように改善され、問題点が解消されたかなど、
ユーザーの購入決定に役立つ情報を提供しているか。
・商品が属するカテゴリの主な意思決定要因と、その分野での当該商品の性能を明らかにしているか。
たとえば、自動車のレビューでは、燃費、安全性、運転のしやすさが主な意思決定要因であると判断し、
そうした分野での性能を評価します。
・メーカーからの情報以外に、商品の設計と、それがユーザーに与える影響に基づいて、
重要な選択肢を示しているか。

2021年6月1日 コア ウェブ バイタルのLCPとCLSのロジック変更

LCP

変更前:ページから要素削除されるとその要素は有効なLCP候補とは見なされなくなり、候補が削除されるとすぐに新しいLCPを探す仕様。カルーセルを使っていると場合によっては読み込みが複数回発生していたため、遅くなるケースもあった。

変更後:最初のLCPがページから消えてもLCP候補のままとなった。それよりも大きなサイズが見つかったときだけ、LCPの候補が変わる仕様になった。
https://chromium.googlesource.com/chromium/src/+/refs/
heads/main/docs/speed/metrics_changelog/2020_11_lcp_2.md

CLS

セッションウィンドウごとに1秒の間隔をあけ、最長5秒で測定されるように。
セッションウィンドウごとのブレを少なくするための対応。
https://web.dev/evolving-cls/

2021年6月3日 June 2021 Core Update

2021年一発目のコアアルゴリズム更新。すべて実装が間に合わず、7月と2回わけて行う。場合によっては順位の逆転が起こることも明記している。

2021年6月16日 ページ エクスペリエンス アップデート

Core Web Vitals(コア ウェブ バイタル)を、検索のランキング要因に加えるアップデート。ゆっくりと展開し、2021年8月の終わりまでには完了する予定。


ほぼ順位に影響がないと思われる。検索の関係性が同一だった場合に優劣を決める程度。

2021年6月22日 モバイル検索のトップストーリー枠、非AMPページも掲載開始

6月22日 モバイル検索のトップストーリー枠、非AMPページも掲載開始。

これまではAMP化された記事限定でしたが、非AMPの記事も対象に。

掲載条件は Google ニュースのコンテンツでポリシーに準拠していること。

2021年6月24日 スパム対策アップデート 第1弾


スパムサイトを無効化するアルゴリズムをアップデート。1日で展開は完了予定。日常的なアルゴリズム更新の一つとのこと。次週も行う予定。
※わざわざ発表したのは牽制のためか。

2021年6月29日 スパム対策アップデート 第2弾

展開は前回同様1日で完了。グローバルで適用され、ウェブ検索&画像検索が対象。

2021年6月30日 MUMが新型コロナワクチンのワードで適応開始

最新技術 MUM で新型コロナワクチンに関する検索の精度を向上
https://japan.googleblog.com/2021/06/MUM-vaccineinfo.html

MUM(Multitask Unified Mode)とは、答えを探すのに複数回検索する必要があった、疑問に対して、いろいろな角度から回答してくれる検索アルゴリズム。
通常であれば複数回の検索が必要になるであろう複雑な質問に対し、様々な角度からアンサーを返してくれる検索アルゴリズムです。

例えば「以前、アダムズ山に登山したことがあって、次の秋に富士山に登山したいと考えているんだけど、何を準備するべきか教えて?」
といったクエリを一度に求める回答を用意することができるそう。
これまでであれば標高、秋の気温、難易度など複数回調べて比較していく必要があったのが、MUMが解決してくれるようになります。

MUMの特徴

・言語間の壁がない
・タイプ間の壁がない(WEBサイト、画像検索)
・BERTの千倍の処理能力

2021年7月2日  July 2021 Core Update

宣言どおり、アルゴリズム更新が行われてました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)