もうSEOなんて大嫌いだ!

「SEOなんて大嫌いだ!」といわれないために、日々努力するサイト


URL統一
URLを考える上で最低限おさえておきたいこと、それは1ページ、1のURLにすることです。これを正規化といいます。

え、そんなこと当たり前じゃないか?って。いいえ、意外とみなさんできていないんですよ。サーバー側の設定ミスや何気なく、ミラーページを意図せず作ってしまっているケースはよくあります。ぜひ、一読してみください。

Googleは1ページに対して、複数のURLが存在すると混乱してしまい、ページの評価が分散してしまいます。最終的には、自動的に統一してくれますが、正しく評価されません。

最悪の場合、重複コンテンツとして認識され、削除されてしまうケースもあります。

URLが統一されない事例は以下の5つのパターンです。

 

パターン

1、indexのありなし

例) http://example.com/
http://example.com/index.html
http://example.com/index.php など

2、SSLのあるなし

例)http://example.com/
https://example.com/

3、wwwのありなし

例)http://www.example.com/
http://example.com/

4、パラメーター

例)http://www.example.com/?sem123
http://www.example.com/

5、スラッシュがあるなし

例)http://www.example.com/
http://www.example.com

※Googleは階層を分けて判断しておりますので、これも別々のURLとして判断します。
これらのパターンが発生していないか、きちんと確認するようにしましょう。

統一する方法はいくつかあり、必ず1か2のどちらかは実行するようにすることをおすすめします。3は必ずしてください。

ポイント

1.サイト内のSEO対象ページへのリンクは統一すること
2.SEO対象ページと同一内容のページ(ミラーページ)が存在しないこと

URL正規化方法

1、301リダイレクト
Googleが一番推奨しているやり方です。サーバー側で設定できるのであれば、ぜひやって欲しいですね。
URLが統一された状態で表示されるので、一般ユーザーがリンクを貼るときも間違えてはられる心配も
なくなります。

「.htaccess」ファイルに記述を書いて、サーバーのルートディレクトリにアップをしましょう。

例)wwwありなしの統一の場合
wwwあり⇒なしへ統一

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

・青文字……リダイレクト元
・赤文字……リダイレクト先

「example.com」の箇所を自ドメインに置き換えてくださいね。

 

2、Canonicalタグの実装
Canonicalとは、2009年頃に作られたURLの正規化するためのタグです。301転送と同様に効果があります。
レンタルサーバーやブログなど、転送をかけることができないサイトのために作られたタグです。

また、パラメーターつきのURLでABテストを行うときに最適です。

====設置方法====

<head>内に以下の一文を加えるだけです。

<link rel="canonical" href="正規URL">

====================

注意点:あやまって設置してしまう場合がありますので、最新の注意を払ってくださいね。
以前、配下ページすべてにTOPのURLを設定して、すべてインデックスが消えた事例があります。
3、内部リンクの統一 (必須)
内部リンクを統一していないとリンクジュース(評価)が分散してしまいます。
きちんとルールを設けて、リンクを設定するようにしてください。
以外と制作はこのことを知らないことも多く、特にindex.htmlをつけっぱなしに
なっているサイトはよくみかけます。

 

最後にGoogleのスターターガイドの一文をご紹介します。

正規URL解説

 

Googleの公式見解でも1つのURLに統一するよう記載されておりますので、URLを考える際は、正規化を意識するようにしてみてください。

URL統一:悪い例

ラウンド1:http://www.round1.co.jp/
悪い例 「index.html」「https」が統一されていません。

※内部リンクが統一されていない
http://www.round1.co.jp/index.html

□表示されるURL
https://www.round1.co.jp/
http://www.round1.co.jp/index.html
ROUND1

インデックスのURL統一はSEOのもっとも基本的な施策ですので、ぜひ行ってください。


8月 3rd, 2014

Posted In: ディレクトリ構造

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です