もうSEOなんて大嫌いだ!

「SEOなんて大嫌いだ!」といわれないために、日々努力するサイト


ロングテールワードとは?

SEO経由訪問数は一般的にビックキーワードが3割、ロングテールキーワードが7割とされています。

ロングテールワード概要図
「ビッグワード」……誰しもが共通して使う(連想する)ワードで検索回数が多いもの。競合が多く対策も難しい。
例)賃貸
「ミドルワード」……ビックワードとロングテールワードの中間。
例)東京 賃貸、新宿 賃貸

「ロングテールワード」・・・・・・・個人のニーズや志向が反映されたワード。一つひとつは検索回数は少ないが、合計するとサイトの7割・8割をしめる。競合が少ないため、対策もしやすい。

例)「吉祥寺 ワンルーム 2コンロ」

ミドルワード・ロングテールワード抽出方法

項目 方法 判断基準

1 リスティングのキーワードから選出

⇒CVR、imp数が高いものを抽出(impが多ければ多いほど、難易度は上がる)

 

2 キーワードプランナーを参考にする

⇒月間検索回数が多いものかつ自社サイトの関連性が強いもの

https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

キーワードプランナー事例

3 サジェスト/関連する検索キーワード 実際に検索されているキーワードで自社サイトと関連性が強いもの

サジェスト事例

 

自信のサイトにあったコンテンツを作成したり、ディレクトリ構造を見なおしたりするだけで

ロングテールワードは大幅に改善されます。ぜひ一度、自社のサイトのキーワードを見なおしてみてください。


3月 20th, 2015

Posted In: 基礎知識

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です