もうSEOなんて大嫌いだ!

「SEOなんて大嫌いだ!」といわれないために、日々努力するサイト


2015年検索エンジンシェア

1,000万UUを対象に調査いたしました。
2014年までと比較してみるとGoogleの割合が5%、上がっていることがわかります。

これは背景としてスマートフォンからの検索が増えてきている背景があります。
スマートフォンはどうしてもデフォルトの検索エンジンがGoogleのため、Googleからの
検索が増えてきていると考えてられます。

サイトの属性によっては、YahooとGoogleが完全に逆転しているでしょう。

デバイス別にみてみましょう!

PCの検索エンジン割合

PC検索エンジンシェア2015

パソコンからの検索エンジンシェアは昨年とほぼ同等です。

SPの検索エンジン割合

スマートフォンの検索エンジン割合は以下のとおり。
SP検索エンジンシェア2015

完全にGoogleとYahooが逆転しています。
あとはその他が7%もあること。ドコモの独自サービスなどから、チラほらあるようです。

YahooとGoogleはアルゴリズムが同じとはいえ、
サジェストだったり、各間に独自のサイトが入ったり、と微妙に違いがあります。

また、YahooとGoogleではユーザーの属性も違います。
Yahoo:ネットリテラシーが低い ビックワードが多い
Google:ネットリテラシーが高い ミドルワード・スモールワールドも多い

特にパソコンからのアクセスはこういった傾向が強いですので、
ご自身のサイトはどちらを対象にしているのか、ということを考えながら
検索エンジンのシェア状況をチェックしてみてください。


12月 8th, 2015

Posted In: 基礎知識

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です