もうSEOなんて大嫌いだ!

「SEOなんて大嫌いだ!」といわれないために、日々努力するサイト


コンテンツのユニーク化/大量化

検索エンジンは、コンテンツ量【情報量】を多く持っているサイトを評価します。ユニークなコンテンツを競合サイトよりも所有していることが大切です。
ページ量イメージ図

SEO対象ワードの盛り込み(関連するコンテンツの拡充)

SEO対象ワードをページの上部・中部・下部にバランス良く盛込むことによって、関連するコンテンツが豊富にある、と検索エンジンに認識させることができます。ただし、必ずしもSEO対象ワードを意図的に入力だけは上位表示はされません。Googleはページ全体の文脈、関連するワード、共起語※を判断しています。盛込みだけを意識するのではなく、それに関するコンテンツを増やすことで、自然と対策ができているようにすることが大切です。
※共起語とは・・・・・・ある単語がある文章中に出たとき、その文章中に別の限られた単語が頻繁に出現する単語のこと
SEO対象ワード盛り込みイメージ図

hタグ

<h1>~<h3>タグは、見出しを示すタグです。検索エンジンに対してページの概要を知らせるタグとなるため、SEO対象ワードを盛り込むことが重要です。
h1盛り込み

ソース記述

検索エンジンは、記述ミスがあるとサイトを正確に認識することが出来ない可能性があります。W3Cに準拠しコンテンツを正しく理解させることが重要です。

画像のalt属性

alt属性とは、画像が有効ではないユーザーに対して、代わりとなるテキストを表示させるものです。SEO対象ページへのリンク画像alt属性には、SEO対象ワードを盛り込むことで、アンカーテキスト同様にリンク先の内容を伝える効果があります。

alt属性へのキーワード盛り込み図


3月 13th, 2015

Posted In: コンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です