もうSEOなんて大嫌いだ!

「SEOなんて大嫌いだ!」といわれないために、日々努力するサイト


暴力的な内容、宗教的な発言や差別発言のページの品質評価を下げる

品質ガイドライン更新
Search Engine Roundtable品質ガイドラインが更新されたことが明かされました。

あまり英語は得意ではないので、Google翻訳と英語が堪能な後輩のちからを借りて、調べてみました。

記事によると変わった場所は以下の項目だという。

The March 14th update was mostly around how these raters should handle hateful, untrue and insulting content.

翻訳すると……

3月14日の更新は、ほとんどの場合、これらの評価者が、嫌な、真実でない、侮辱的な内容をどのように扱うべきかを中心にしていました。これはちょっとしたアップデートかもしれません。

全文にするとPDFが157ページもあるので、探すのが大変。

手元にある以前の翻訳済みの資料と比較していくと違いがあったのは、7-9項目が追加されていました。

7.9 Promotion of Hate or Violence
Use the Lowest rating for pages created with the sole purpose of promoting hate or violence against a group of people
based on criteria including (but not limited to) race or ethnicity, religion, gender, nationality or citizenship, disability, age,
sexual orientation, or veteran status. Websites advocating hate or violence can cause real world harm.
Reputation research is important for identifying websites which promote hate and violence. The Pew Research Center,
the Anti­Defamation League, and the Southern Poverty Law Center are some reputable sources that can be used for
reputation research.
Some websites may not have reputation information available. In this case, please use your judgment based on the MC
of the page and knowledge of your locale.

翻訳すると以下のようになります。

7.9憎悪または暴力の促進
人々のグループに対する憎悪や暴力を促進する目的のみで作成されたページには、最低評価を使用します
人種、民族、宗教、性別、国籍または市民権、障害、年齢、性別、年齢、性別、
性的指向、または退役軍人のステータス。憎しみや暴力を主張するウェブサイトは、現実世界の害を引き起こす可能性があります。
評判調査は、憎悪と暴力を促進するウェブサイトを特定する上で重要です。ピューリサーチセンター、
名誉毀損防止同盟、および南部貧困法センターは、いくつかの評判の良い情報源であり、
評判研究。
一部のWebサイトでは、評判情報が利用できない場合があります。この場合、MCに基づいて判断してください
あなたのロケールのページと知識が必要です。

POINT

1,テロや犯罪組織のページは評価を落とす
2,差別的な発言のページは評価を落とす
3,上記の基準は、名誉毀損防止同盟や南部貧困法センターの評価を評判研究として判断

ざっくりいうとテロや犯罪的なもの、差別的な発言をしているページは順位は落とすということですね。


6月 1st, 2017

Posted In: 最新アルゴリズム更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です