もうSEOなんて大嫌いだ!

「SEOなんて大嫌いだ!」といわれないために、日々努力するサイト

Googleの求人検索がついに2019/01/24、日本で導入されました。

Google公式blogはこちら↓
Google しごと検索で、仕事探しをもっとスムーズに!

Google しごと検索とは

求人情報に特化したGoogleの検索機能です。求人に関係したクエリが検索されると、求人情報や転職サイトなどが
検索結果に表示されます。

しごと検索画面

検索結果に出てくるクエリ
アルバイト
転職
求人 ×
求人情報
バイト
パート

※求人だけ出てこないのは謎ですね。企業名と掛け合わせだと表示されます。

しごと検索のデータ提供元

基本的にJobPosting 構造化データでマークアップされたサイトの情報を読みにいっているようです。

構造化データの実装方法は、下記でご確認ください。
https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting

いまのところ、確認できた求人サイトは以下の通り

  • マイナビ転職
  • エンジャパン
  • Type
  • イーキャリア
  • ワークポート
  • クリエイト転職
  • Doda

※個人的にリクナビがまだ対応されていないのはもったいないのかなーという印象です。企業サイトで実装していたのはビックカメラ、UNQLO、東急ハンズ。J-sonで実装できるようになってから
だいぶハードルが低くなったので、自社で実装できるのであればやっておいて損はないかと思います。

口コミ流入元
キャリコネ
マイナビの評判
マイナビスタッフの口コミ

※上記のサイトは口コミの星の数や内容をインデックスされていました。今後提供企業が増えれば変わるはずです。転職会議とかもインデックスして欲しいものです。

しごと検索の順位と対策について

さっと見ただけの印象なので、自分のメモレベルとして残すので鵜呑みにはしないでいただきたいのですが、以下の要素が関係していそうでした。

影響あり
・掲載開始時期(インデックス)
・場所(検索地域や検索した場所など)
関連してそうな項目

・テキスト内容(キーワード入れて調べたとき)
・口コミの評価

対策

今の所、求人媒体のインデックスがすでに数多くインデックスされているので、正直わざわざ一企業が力を入れて対応する必要はない、という印象です。求人媒体の運営者は対策は必要ですが、
一企業はほぼ埋もれてしまうのではないでしょうか。求人媒体と違い、企業の写真やインタビューもありませんし、日本人ユーザーには、求人内容だけでは厳しいのかな、という印象でした。

まずは求人情報を自社のサイトに掲載されている会社さんはまずは構造化データを実装して、ユーザーに魅力のある求人コンテンツを掲載していくのがよいでしょう。

1月 24th, 2019

Posted In: 最新アルゴリズム更新

Leave a Comment

暴力的な内容、宗教的な発言や差別発言のページの品質評価を下げる

品質ガイドライン更新
Search Engine Roundtable品質ガイドラインが更新されたことが明かされました。

あまり英語は得意ではないので、Google翻訳と英語が堪能な後輩のちからを借りて、調べてみました。

記事によると変わった場所は以下の項目だという。

The March 14th update was mostly around how these raters should handle hateful, untrue and insulting content.

翻訳すると……

3月14日の更新は、ほとんどの場合、これらの評価者が、嫌な、真実でない、侮辱的な内容をどのように扱うべきかを中心にしていました。これはちょっとしたアップデートかもしれません。

全文にするとPDFが157ページもあるので、探すのが大変。

手元にある以前の翻訳済みの資料と比較していくと違いがあったのは、7-9項目が追加されていました。

7.9 Promotion of Hate or Violence
Use the Lowest rating for pages created with the sole purpose of promoting hate or violence against a group of people
based on criteria including (but not limited to) race or ethnicity, religion, gender, nationality or citizenship, disability, age,
sexual orientation, or veteran status. Websites advocating hate or violence can cause real world harm.
Reputation research is important for identifying websites which promote hate and violence. The Pew Research Center,
the Anti­Defamation League, and the Southern Poverty Law Center are some reputable sources that can be used for
reputation research.
Some websites may not have reputation information available. In this case, please use your judgment based on the MC
of the page and knowledge of your locale.

翻訳すると以下のようになります。

7.9憎悪または暴力の促進
人々のグループに対する憎悪や暴力を促進する目的のみで作成されたページには、最低評価を使用します
人種、民族、宗教、性別、国籍または市民権、障害、年齢、性別、年齢、性別、
性的指向、または退役軍人のステータス。憎しみや暴力を主張するウェブサイトは、現実世界の害を引き起こす可能性があります。
評判調査は、憎悪と暴力を促進するウェブサイトを特定する上で重要です。ピューリサーチセンター、
名誉毀損防止同盟、および南部貧困法センターは、いくつかの評判の良い情報源であり、
評判研究。
一部のWebサイトでは、評判情報が利用できない場合があります。この場合、MCに基づいて判断してください
あなたのロケールのページと知識が必要です。

POINT

1,テロや犯罪組織のページは評価を落とす
2,差別的な発言のページは評価を落とす
3,上記の基準は、名誉毀損防止同盟や南部貧困法センターの評価を評判研究として判断

ざっくりいうとテロや犯罪的なもの、差別的な発言をしているページは順位は落とすということですね。

6月 1st, 2017

Posted In: 最新アルゴリズム更新

Leave a Comment

フレッドアップデートの対策と傾向

フレッドアップデートとは

2017年3月9日 アルゴリズム更新がありました。
SEO変動ナマズの結果

■発生時期 3/9~3/13 ※日本時間
フレッドアップデートの名前はの由来は、検索順位関連の公式発表を担当しているGary Illyes氏がTwitterで冗談まじりでアルゴリズムの名前をつけました。
Gary Illyes氏はいま、長期休暇中で、南国にダイビング旅行している最中で、見つけた魚すべてに「Fred」と名前をつけて、楽しんでいることから、今回のアルゴリズムもフレッドでいんじゃない?と命名したようです。

続きを読む…

3月 14th, 2017

Posted In: 最新アルゴリズム更新

Leave a Comment

Japanese Webmaster Office Hours(ウェブマスター オフィスアワー 2016 年 12 月 7 日)

ウェブマスター オフィスアワーでモバイルインデックスファーストについて、いくつか言及していたので、テキストに起こしました。

MFIについて

A:評価基準は変わりません!
評価対象が変わります
●これまで:無印 Googlebotでクロールした際に配信されるコンテンツが評価対象
●MFI以後:Googlebot Smatphoneでクロールした際に配信されるコンテンツが評価対象になります。

続きを読む…

2月 8th, 2017

Posted In: 最新アルゴリズム更新

タグ: ,

Leave a Comment

品質向上のアルゴリズムの発表

キュレーションサイト一覧

2017年2月3日(金)にGoogleのアルゴリズムにウェブサイト品質方法の
判断基準に改善を加えたことが発表されました。

昨今のキュレーション問題を受けて、”日本独自”で動いたようです。

▼日本語検索の品質向上にむけて
ウェブマスターブログ
https://webmaster-ja.googleblog.com/2017/02/for-better-japanese-search-quality.html

日本独自でアルゴリズム更新し、発表するのは異例のことで、
少なくとも2009年以降、スパム以外ではなかったと思います。

WELQアップデート、キュレーションアップデートなんて呼ばれていますが、
対象になっているサイトはキュレーション以外も存在している状況ですね。

 

続きを読む…

2月 6th, 2017

Posted In: 最新アルゴリズム更新

Leave a Comment

次ページへ »